胡桃ピンク

炊飯器の蓋をひらいたとき、いつもはっとする

ピンクだ、とおもう

赤みがかった地味なベージュ色だけれど、いつも、なぜか、
うわあピンク色、ておもう


胡桃をほうりこんで炊くご飯はしっかり浸水して炊くと、ぜんたいが思いがけない色に染まっている

あまり胡桃ごはんをつくることはないからなのか、
食べているうちに、ご飯がどんどん、もともとの胡桃の色にもどってしまうからなのか。
わすれてしまう。ピンク色にはっとしたことをいつもわすれてしまうから、
いつも驚く

ピンクだ!と、おもう

ほくほく、やわらかくなった胡桃は、ほのかに甘い
でも、噛みしめると木の実のえぐみが口のなかにひろがって、すこしだけ
うら淋しいきもちになる

川越に、以前、おじいさんとおばあさんが営んでいる、胡桃ごはんを出すお店があった
土間に一席か二席くらいの、薄くらいお店だったけれど、しるひとぞしるお店だった
いちどだけ、母と訪れたことがある

トラ猫がいて、店内でそそうをしたものだから、小さなお店は、きょうれつな匂いに包まれていて、
おばあさんが片付けても、匂いはまったく消えないどころか、ますます、凄みを増していった
母とテーブルを挟んで向き合い、うつむいて、胡桃ごはんを黙々とたべた
胡桃ごはんの味は、おもいだせない


でも、折にふれ炊いてしまう胡桃ごはん
炊いて、驚いて、食べて、味わい、そのうちおもいだす
猫のおしっこのこと

そしてまたわすれてしまう

忘却の胡桃ごはん
忘却の胡桃ピンク

なにもかもわすれてしまいたいときにこそ炊こう、とおもったって、
わすれてしまうことすら、わすれてしまう、そんな味わいのごはん
胡桃は、どっさり入れすぎないこと
そして、刻まないこと

ときどき、お箸が、やわらかいピンク色のお米のなかに、ころん、と木の実をみつけることがうれしい
あ、胡桃がいたんだった、と、おもいだす



◯胡桃ごはんの作り方


お米二合につき、くるみ8粒から10粒くらいを放りこみ、お好みの塩ひとつまみと、お好みの油ひとたらし、
しっかり浸水させてから炊く。お水は好みでほんのすこし、増やす
じぶんは、少々柔らかめに炊きあげるのが好みです

炊きあがったら、蓋をあけて、天地をかえす
みんなでたべるのなら、食卓でいっしょに蓋をあけるとよいかもしれない
でも、わすれてひとりで開けてしまうかもしれない
それもまたよし

炊けたらはやめにたべてしまう
どんどん地味になるから

どうぞ、よきごはんを。



a0159055_15484338.jpg

[PR]
by shibone | 2016-08-29 15:56 | Comments(0)