宇宙飛行士は、あんまり言わないけどじつはわりと、未確認飛行物体を見ているらしい

という都市伝説しかり、料理人や台所の母たちも、あんまり言わないけど実はわりと食材の声を聴いている、
と、私はおもっている


なぜあんまり言わないのかというと、NASAとか農協に口止めされてるとかいう理由じゃなくて、
なんとなく、あまりにそれが自然なことので、聴いているという感覚すら薄く、特に言うまでもないような感じがするからかもしれない
だいたい、耳で聴くというよりは、声を別の器官で感じとるというふうなのだ

でも、ときどきドキリとするようなかんじで、野菜の声が耳に近く聴こえることがある
旬の新鮮な野菜たちに触れていると、そういうことがおこる

この間、さつま芋を蒸かそうとして洗って、いったん調理台の上において、蒸篭を準備していたら、
少女たちがはしゃぐような声がした
漫画風に言えば、ちょっと古いけど
キャハハ
というかんじ

思わず振り向く
まな板の上で、色よく、つやつや、ふっくらとしたさつま芋は、無邪気で元気な女の子たちに似ている
これから蒸かされ、つぶされるというのに、ものすごく楽しそうだ
野菜は、切り刻まれているときでも、楽しそうに声をあげることがある
不気味だ
不気味だけれど、なんとも言いがたい神々しさも、感じる
なんだかもう、すごい
と、おもう

野菜の声をきいたからといって、それが野菜の本質なのかというと、そういうわけでもないんじゃないの
と、おもう
それは私が聴いた声だから、別のひとが聴けばもっと、その野菜の別のキャラクターがあらわれるのかもしれない
別の日には、別の野菜の気分もあるかもしれない

ちょっと聴いたからって、わかったようになってはいけない

だからってどうすることもできないし、どうしようもないし、お湯は沸いたし、手をあわせるでもなく、何事もなかったかのように、料理はつづく


けれど、野菜の声をきくと、
野菜よりじぶんのほうがえらいとおもったら大間違いだ
と、そっと、つぶやく

日々料理をしていると、野菜よりも自分がえらいと、いつの間にか無意識におもっていたりする
すぐにそうなる
そういうじぶんが、ピシャリとやられる出来事

こんなにも不気味で神々しく、なんだかすごい生き物を、日々の営みのように料理させてもらえるなんて、
信じられないドリーミーで、けっこう重い事態だともいえるんじゃないの、と、おもったりしながらも、
暗い気分にもドリーミーな気分にも浸る間もなく、
やっぱり

蒸篭に湯気がたっている今は、ともかくもさつまいもたちと向き合うばかりなんだなあ



◯料理の合間につくり料理の合間に食べる、さつま芋の賄いスープ

蒸かしたさつま芋をすこし取り分けて小鍋に入れ、木のスプーンでつぶす
岩塩と、オリーブオイル少々、スパイス少々、好みでコンソメ少々。
お水を注いで、混ぜながら煮る
ピュレ状になったら、豆乳をすこし加える
再度湧いたらできあがり
黒こしょうをひいて、あればハーブを散らす
[PR]
金木犀のかおりで目がさめて
金木犀のかおりでお茶をして
金木犀のかおりで日が暮れる
そんな季節になりました

秋だ
と気づく日は、いつもある日とうとつにやってきます

そして、喫茶店へ足をはこぶ方には、秋のすきな方が多いような気がします

◯今月の営業日(通常営業)
11時〜16時半開店

/2(日)、9(日)、10(月・祝)、17(月)、23(日)、24(月)


◯今月の催し催しごと

◎10 / 1(土) 16時開店
青木隼人ギター演奏会「みみのえ」

a0159055_11511455.jpg

全国各地、さまざまな場所で、その場をより感じさせるような音を奏で続ける、青木隼人さん
束の間音に身をゆだね、季節を感じてみませんか
演奏のあとには、ボタニカル丼のごはんの時間をおたのしみください

2800円(ごはんつき+1ドリンクオーダー)

予約制
shiboneboruke@gmail.com

◎10/16(日)  13時~17時
「音部」~みんなで音のけしきをつくろう

楽器をつかって演奏するのではなく、モノをたたくかこするかなどで、音を出します
だから、手でもできます
鍋やボウルでも、よい音がうまれる。。。
そういうものを何かもってきてください(弾くか、吹くものでもOK)
それを、他のひとといっしょに、互いによく聴きながら、たたいて、こすって、音のけしきをつくってみましょう
録音して、聴いてみましょう (部長/村山政二朗)

村山政二朗
即興演奏家・打楽器奏者・作曲家
ことば、ダンス、美術など、異ジャンルとのコラボレーションスペシャリスト
国内外で、活動中

持ち物/何か音の出る物をお持ち下さい。大きなペットボトルなど、直接手で扱えるもので、たたいたりこすったりできるものです。壊れやすいものはお控えください(基本的に、楽器以外のもの)

部費/おやつと飲み物つき 2,000円
小学生以上参加可

予約制
shiboneboruke@gmail.com


◎10/ 27(木) 10時半~
「花部」  
ドライフラワーのリース作りとお昼ごはん
a0159055_1153293.jpg


KONOHAさんによるドライフラワーをつかったリース作りのワークショップと、シボネボルケの
お野菜たっぷりのコース仕立てのお昼ごはん
すこしだけ、ぜいたくな気分になれる、ゆったりとしたひとときをおたのしみください

8500円 (花材、レッスン料、お昼ごはん)
持ち物/
花きり鋏(お持ちの方)、汚れの気になる方はエプロン、リースをお持ちかえりいただく、大きめの紙袋など


◎10/30(日) 
「小さな声で呼びかけること」  
左桂もも 
a0159055_12212715.jpg


ウェスタ川越にて、お店のことにまつわる、いろいろをお話したりする機会をいただきました
ちいさな「部活」を体験いただいたり、「夏子」というふわふわバンドのミニ演奏も予定しております
(変更あり)
どんな時間になることでしょう。。。。
料金はフリーでお越しいただけますが、下記フォームからご予約ください(30名限定)

entry@westa-kawagoe.jp
*氏名、日時をお送りください
[PR]
秋の気配と、ゆく夏の気配のミックスジュースの9月です

日に日に、秋の香りがつよくなってゆく

春から夏へ、夏から秋へ

巡る季節のなか、曖昧な時期のたくさんある日本に暮らすからこそ、日本人に、
曖昧さを受け入れられる繊細な感性が育まれるのかもしれないなあ。と感じます




◯9月の営業日

*通常営業

/9(土)13時〜16時半
喫茶営業のみ。おやつ、トースト各種、お飲み物のご用意

/11(日)11時〜14時半(*夕方から予約制のイベントとなります。13時40分ラストオーダー)

/19(月)11時〜16時半
/21(水)11時〜16時半
/22(木・祝)11時〜16時半


◯催しのある日


/11(日)
『シボネボルケとミヤコリロ』

a0159055_9294525.jpg



ボタニカル丼のごはんつき・弾き語りライブ  
16時開店 17時スタート

予約制/shiboneboruke@gmail.com

3000円



それぞれ、ギターと鍵盤による、アコースティック弾き語りのライブです
うたの世界と秋の気配を、のんびりお愉しみくださいませ

LiLo 
都    




/25(日)
映画部
『KOOKY」
a0159055_9331464.jpg



18時会場 18時半上映
1ドリンクつき 2500円 /小中学生1000円
幼児無料

雨天時は、店内での上映となります
30席用意あり

ご注意〜
ご予約制ではございません。椅子の限りがございます
座り、立ち見など、ご自由に、鑑賞ください
敷物等、各自任意でご用意ください
水以外の飲食のお持ち込みはご遠慮ください(お店で注文頂けます)
林にゴミ等を捨てないでください


藤井部長ひきいる映画部が、林で上映会をします
パペットと俳優をつかった、かわいくも不思議なチェコ映画を、林のなかでみんなで楽しみましょう〜
お子さまもお楽しみいただけます
軽食として、天然酵母パンのトーストのご用意ございます(数量限定)



◯10月の催し 

*10/1(土)
『みみのえ』  青木隼人ギター演奏会

16時開店 16時半演奏スタート
秋野菜ボタニカル丼のごはんつき  2800円(+1ドリンク)
予約制 shiboneboruke@gmail.com

a0159055_9423064.jpg



青木隼人 

青木隼人さんのギターは、空間を繊細にとらえ、踊るようにたゆたいます
聴き手もその音の波のなかにゆらぐうちに、場と音とからだがおなじものになってゆくようです
お食事は、演奏の後にご用意いたします
どうぞ、ゆっくりお愉しみください

*未就学児のお子さまのご入場は、お控えくださいますようお願いいたします









さて、7、8月としばらくの間、通常営業をお休みしておりました
皆さまは、どんな夏をお過ごしでらしたでしょうか



ブログやツイッターをご覧いただいているお客さまはお察しかとおもいますが、シボネボルケはさいきん、いろいろな催しや、ご予約制のごはんつき写真館、大人の部活などの企画が増えております
企画したイベントを開催したいという表現者の方へのスペースレンタルもしています
*お問い合わせについては shiboneboruke@gmail.comまで

スタッフに助けられておりますが、基本的にはひとりで対応しているお店なので、通常営業とのおりあいが、すこしむつかしくなってまいりました


ふつうにだれでもいらっしゃることができるお店
を、目指して6年とすこし、営んできたものの、元来もっていたヘンテコさは、
なるほどこういうカタチでもはぐくまれていたのかもしれないと、そんなふうにもおもいます

自分の体質も、お店をばりばりと営んでゆくようには、残念ながらできていないことも知りました(やっと)
それでも、つづけてゆくには、どうしたらよいのだろう
試行錯誤の6年間


結果。。。。
どんどん、謎になってゆく!

通常営業がすくないこと、イベントがふえることについて、お客さまにとって、それはどうなのだろう。。。と、
悩みましたが、自然の流れとしてそうなっている、ともいえるのかもしれないなあ、と、今、おもいます



それでも、ふつうでありたい。という想いは、かわっていないのです
ふつう、ってなんだろう
ふつうじゃなくても、ふつうであることなのかもしれないです

ふつうじゃないけど、ふつうに存在する、そんなお店になってゆければよいな。とおもっています


催しについても、一見するとすこしかわったものが多いのですが、来てみると、、、
謎はふかまります。。。

さまざまイベントや部活は、いろいろな、素敵なかたがたの大切な想いから生まれたものばかり

そんなイベントでは、シボネボルケの、自家製のお飲み物や、地産材料をつかったおやつセット、伝説の(?)ボタニカル丼、地産野菜たっぷりのすこし風変わりなコースメニューなどを、ご一緒にお愉しみいただけます

お店企画のごはん会や、おやつつきの催しは、基本的にはおひとりおひとりがのんびり、自分のペースでお過ごしいただけるものとなっております

くわしくは、ぜひHPをご覧下さい
shiboneboruke@ciao.jp

おひとりでも、お連れ合わせでも、はじめてのご来店でも、お気軽に遊びにきていただければとおもっております




みなさまにとって、すばらしい秋のはじまりとなりますよう

今月も心よりお待ち申し上げます








通常営業は、しばらくのあいだすこし少なめにはなりますが、続けてまいります
今後また、増やせる時期がきましたら、そうなってゆけるかとおもいます

営業日は、月ごとに、ブログと店頭の張り紙にてお知らせいたしますので、
どうぞ、ご覧の上、お越しくださいませ

巡る季節を感じるこの林で、巡る謎な生き物の営みを感じるこのお店で、お客さまのおひとりおひとりのお時間を、お過ごし頂ければ幸いです






自然の流れもあるかとおもいます
[PR]
炊飯器の蓋をひらいたとき、いつもはっとする

ピンクだ、とおもう

赤みがかった地味なベージュ色だけれど、いつも、なぜか、
うわあピンク色、ておもう


胡桃をほうりこんで炊くご飯はしっかり浸水して炊くと、ぜんたいが思いがけない色に染まっている

あまり胡桃ごはんをつくることはないからなのか、
食べているうちに、ご飯がどんどん、もともとの胡桃の色にもどってしまうからなのか。
わすれてしまう。ピンク色にはっとしたことをいつもわすれてしまうから、
いつも驚く

ピンクだ!と、おもう

ほくほく、やわらかくなった胡桃は、ほのかに甘い
でも、噛みしめると木の実のえぐみが口のなかにひろがって、すこしだけ
うら淋しいきもちになる

川越に、以前、おじいさんとおばあさんが営んでいる、胡桃ごはんを出すお店があった
土間に一席か二席くらいの、薄くらいお店だったけれど、しるひとぞしるお店だった
いちどだけ、母と訪れたことがある

トラ猫がいて、店内でそそうをしたものだから、小さなお店は、きょうれつな匂いに包まれていて、
おばあさんが片付けても、匂いはまったく消えないどころか、ますます、凄みを増していった
母とテーブルを挟んで向き合い、うつむいて、胡桃ごはんを黙々とたべた
胡桃ごはんの味は、おもいだせない


でも、折にふれ炊いてしまう胡桃ごはん
炊いて、驚いて、食べて、味わい、そのうちおもいだす
猫のおしっこのこと

そしてまたわすれてしまう

忘却の胡桃ごはん
忘却の胡桃ピンク

なにもかもわすれてしまいたいときにこそ炊こう、とおもったって、
わすれてしまうことすら、わすれてしまう、そんな味わいのごはん
胡桃は、どっさり入れすぎないこと
そして、刻まないこと

ときどき、お箸が、やわらかいピンク色のお米のなかに、ころん、と木の実をみつけることがうれしい
あ、胡桃がいたんだった、と、おもいだす



◯胡桃ごはんの作り方


お米二合につき、くるみ8粒から10粒くらいを放りこみ、お好みの塩ひとつまみと、お好みの油ひとたらし、
しっかり浸水させてから炊く。お水は好みでほんのすこし、増やす
じぶんは、少々柔らかめに炊きあげるのが好みです

炊きあがったら、蓋をあけて、天地をかえす
みんなでたべるのなら、食卓でいっしょに蓋をあけるとよいかもしれない
でも、わすれてひとりで開けてしまうかもしれない
それもまたよし

炊けたらはやめにたべてしまう
どんどん地味になるから

どうぞ、よきごはんを。



a0159055_15484338.jpg

[PR]

炊飯器の蓋をひらいたとき、いつもはっとする

ピンクだ、とおもう

赤みがかった地味なベージュ色だけれど、いつも、なぜか、
うわあピンク色、ておもう


胡桃をほうりこんで炊くご飯は、しっかり浸水して炊くと、、思いがけない色に染まっている

あまり胡桃ごはんをつくることはないからなのか、
食べているうちに、ご飯がどんどん、もともとの胡桃の色にもどってしまうからなのか。
わすれてしまう。ピンク色にはっとしたことをいつもわすれてしまうから、
いつも驚く

ピンクだ!と、おもう
ほくほく、やわらかくなった胡桃は、ほのかに甘い
でも、噛みしめると胡桃のえぐみが口のなかにひろがって、すこしだけ
うら淋しいきもちになる

川越に、以前、おじいさんとおばあさんが営んでいる、胡桃ごはんを出す店があった
ものすごく地味だけど、評判のあるお店だった
いちどだけ、母と訪れたことがある

その時は猫がいて、店内でそそうをしたものだから、小さなお店は、終始きょうれつな匂いがしていた
母といっしょに、うつむいて、がまんして、胡桃ごはんをたべた
胡桃ごはんの味は、おもいだせない

それでも炊いてしまう胡桃ごはん
炊いて、驚いて、食べて、おもいだす
猫のおしっこのこと

そしてまたわすれてしまう

忘却の胡桃ごはん
忘却の胡桃ピンク

なにもかもわすれてしまいたいときに炊こうとおもったって、
わすれてしまうことすら、わすれてしまう、そんな味わいのごはん
胡桃は、どっさり入れすぎないこと
刻まないこと

ときどき、お箸が、やわらかいピンク色のお米のなかに、ころん、と木の実をみつけることがうれしい
あ、胡桃がいたんだった、と、おもいだす



◯胡桃ごはんの作り方


お米二合につき、くるみ8粒から10粒くらいを放りこみ、塩ひとつまみを加え、
しっかり浸水させて炊く。お水は好みでほんのすこし、増やす
じぶんは、少々柔らかめに炊きあげるのが好みです

炊きあがったら、蓋をあけて、天地をかえす
みんなでたべるのなら、食卓でいっしょに蓋をあけるとよいかもしれない
でも、わすれてひとりで開けてしまうかもしれない
それもまたよし

炊けたらはやめにたべてしまう
どんどん地味になるから

どうぞ、よきごはんを。
[PR]