<   2015年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2015年も、もうしっぽの先にたどりつくかつかぬかという、12月30日。
みなさまは、大掃除でしょうか
それとも、忘年会でしょうか

私は、ことしはじめて、おせち料理にトライ中です
野菜中心、自然な甘さのおせち料理で新年を迎えたいなあと。。
できそうなものだけ、こしらえてみています
でも
お芋をうっかりぼんやり煮すぎて
とろけてますね。。。

消化によさそうです。。。


さて
27日に、おかげさまで、今年も最終日をむかえることができました

渚出版第一作品記念展示「かいとりぼん」展も、その日が最終日だったのもあいまって
たくさんのお客さまが、かけこみでいらしてくださり、とてもにぎやかな一日でした
どうもありがとうございます

今年一年を振り返ると
ほんとうに!
いろいろなこと、いろいろな出会いが、ありました

林の木に手紙を書く会からはじまりました

屋久島から、くまちゃんがやってきてくれた1月
遠い遠い屋久島が、ほんとに身近に感じることができるのは、ひととのつながりがあるからだなあ
ひととつながることは、土地とつながることでもあるなあと感じます


3月の5周年記念は、「米と塩」の会でしたね
川越の、KOME山田屋さんに、島根産の貴重な藻塩米を用意してもらって
日本のあちこちの珍しいお塩や、ごはんのお供といっしょに、みんなでわいわい食しました
レコード水越のスッパさんも、DJで参加してくれて、
おいしい、たのしい、5周年の会になりました

それからそれから。。ここに書いてゆくにはたっぷりの時間がかかってしまいそう

あたらしく出会えたみなさま、いつも足をはこんでくれる常連さんたち、とおくで気にかけてくれている方たち、お世話になっている方々、シボネボルケの仲間たち、影で支えてくれている家族、

感謝でいっぱいです

12月は、地元の作家であり、常連さんでもあった中村紋子さんがリトルプレス「渚出版」をたちあげ、シボネボルケもベースキャンプ的な場として関わることができました
わたしの描いた本も出版することができたことは、夢のようで、ほんとうはまだすこし、、
ボンヤリしています

すこしずつ、してきたことや、おこったできごとが、実りとなってゆくようにおもいます
そうして、お店とともに、月日を重ねてゆくのだなあとおもいます

たくさんのひとたちとの関わりと、ちいさな林の変化や自然の巡りとで、ぱたぱたと織物をおるようです

重ねて、今年もほんとうにありがとうございます

マイペースではありますが、2016年も、林へやってくるみなさまにとって、こころくつろぎたのしく浮き立つようなお店を、営んでゆけるよう励みます

どうぞ変わらず、よろしくお願い申し上げます


◎2015年の営業日

/11(月・祝) 12(火)
/17(日) 18(月) 19(火)
/24(日) 25(月) 26(火)



10時半〜16時(15時15分ラストオーダー)


◎バー人魚 /20(水)
日没過ぎから三時間だけ開く幻の薬草香草系リキュールバー
18時半〜21時半

各国の、すこし変わった薬草香草系のお酒と、お酒と共にお愉しみいただける、夜おやつをご用意いたします
ノンアルコールドリンクもございます
*お車でお越しのお客さまには、お酒はお出しいたしかねます☆
[PR]