カテゴリ: 日記( 356 )

みなさま、こんにちは
もうすぐ、三月ですね

梅がうつくしく香り
パステルカラーの桃の節句がやってきて
桜のころも、ほどちかく
あしもとに目を下ろせば、ちいさな野花が咲きほころんでいるという

こころもからだも、ふんわり浮きたつ季節です



三月の啓蟄の日、シボネボルケは6周年を迎えます
みなさまには、心より感謝申し上げます


お店のごはんのことで、3月からすこし変わることがありますので、お伝えいたします

6年間、いろいろとかたちを変えながらつづいてまいりました、地元のお野菜たっぷりのお昼ごはんは、お客さまによろこんでいただけるもので、それはとてもうれしいことでした

けれども「食べる」ということのパワーはとてもおおきなこと
おおくの人へ向けて、ごはんをこしらえつづけることは、作り手のほうにもまた、おおきなパワーが必要なことなのだなーと、しみじみ感じています
その力、いまはもっと、身近なところへ向けてゆきたいというふうに、思いが変わってきたというのが、ほんとうのところです

なので、しばらく、日々のお店のお昼ごはんは、お休みすることにいたします
林のちょっと風変わりなお昼ごはんをたのしみにしてくださっているお客さまのことをおもうと、
少なからず胸のいたむことではありますが、ご理解いただけますとありがたいことです

ごはんにつきましては、林の写真館や貸し切りでのご予約制コース(月に一回ほど)を承るほかは、
ときどき、少人数の「ごはん会」のようなことをできたらよいかと、考えているところです
どんぐりメイトの集いですねー


木立に囲まれたお家で、にわかに集まった家族ようにひとつの食卓を囲んでみんなでごはんを食べられたら、たのしくてすてきです


ささやかなこととなりますが、そのようにして、地元の食の豊かさや、作り食べることのたのしさや自由さを、そっとお伝えして、わたしもみなさんと、発見したり感じてゆけたらよいなあとおもっております

*貸し切りご予約制のコースについては、お店へいらして頂いたことのあるお客さまのみ、ご相談にてお受けしております
メールで、お気軽にお問い合わせくださいませ
shiboneboruke@gmail.com


日々のお店は、三月は基本的に、日月火の10時半〜16時半(日がのびたので30分長くなりました◎)です
*臨時休業あり。毎月ブログにてお知らせいたします

いろいろなお飲み物とおやつ、そして評判の金子さんの地粉を使った天然酵母パンのトーストを、
ゆっくりお召し上がり頂けるお店として、営んでまいります
あいかわらず、すこし変わった小さな催しごとも、あることでしょう
不思議でおもしろいなにかが、ころんと転がっているようなお店です


のんびり、ゆっくり、ふわふわ、でもわりと頑固に芯はゆるぎなく
そんなふうにして、日々営んでゆけるのも、林へ足を、心を、
はこんでくださるみなさまのお陰です
いつもあたたかいお気持ち、ありがとうございます

今後ともどうぞ、よろしくお願い申し上げます


 店主 拝
[PR]
今日の18時半から開店予定でした、幻バー「人魚」
台風を考慮して、残念ながらお休みにいたします

明日、13時〜16時
昼バー「人魚」としてまぼろし開店いたします◯
ノンアルコールのお飲み物も多少ご用意ございますので、よろしければお気軽にお越しくださいませ

*お車でお越しのお客さまにはお酒はお出しできかねます
[PR]
こんにちは
うつくしい五月を期待する心持ちのする、この頃の日和です
みなさまは、いかがお過ごしでしょう

こうして、落ち着いて、イベントや営業日のお知らせ以外のブログを書くのは
とても久しぶりのように、おもいます

このところのシボネボルケについて、といいますか
シボネボルケとわたしの今おもってること
を、みなさまにお伝えしたいなーと、おもい

つらつらと、書くことにします
お手紙のようです〜

四月から、お店は、すこし営業日を減らすことになり(日月火営業 午前中〜15時または16時まで)
喫茶を中心として、お食事は軽食程度になっています
ゆらゆらした営業がつづくかとおもいますので
どうぞ、こちらのブログで営業日など、お確かめの上
ご来店くださいますよう、おねがいいたします


「いつでも気持よく開いているお店」をめざして、
どんなことでもできるだけ受け入れてゆこうと努めてきたのですが、
なかなかどうにも、心と体力がおいつかず、
今はすこしドア半分開き、すこし、小さくなっています

すこし狭く、すこし小さくなることで、もうすこしみなさんに、シボネボルケがほんとにお渡しできるいいもの、お渡しできたらなあとも、おもいます

五年の月日を経て、すこしずつお店も変わってきているのかな?とぼんやり

はじめから、すばらしい個人的展望があったというわけでもなく
ただ、場所が、ここだよ〜と、キラキラしていたので、お店をつくったのでして(!)
日々を重ねてゆく中で、発見したり、気づいたり、ギョッとしたりすることばかりです


お店にかんしてなにか言う時は、わたしの想い、というよりは、シボネボルケの想い、というほうがしっくりきます
シボネボルケはこうしたいんだな〜というのを、わたしがお手伝いしているかんじといったら、近いかもしれません
でも、いまはすこし、「わたしの想い」と「わたしの暮らし」のほうも、大事に育みたいきもちになってきたみたいです
すくすく育ってゆくシボネボルケさんと、仲良くやってゆきながら


お店は、これまでの、お食事もたのしめる賑やかなお店から、心しずかに過ごせる穏やかなお店へ変わってゆくところかもしれません
通常の営業日は、いったんすこし減るかもしれませんが、おやつの受注制作や、予約制の貸し切りお食事会などについても、すこし考えています
ちいさな催しや、ささやかでもたのしいことは、増えるようなきがしています
出会えた作家さんたちの、どこかユニークですてきな小物や、雑貨、書籍などもすこしずつ増えて来ましたので、ちょっぴりお買い物も楽しめるかもしれません

わがままでマイペースなお店でありますが、いつもみなさんのよき友だちのような店であるよう、きれいな心で働いてゆこうとおもっています

お店を気にかけてくださるみなさまには、感謝のきもちでいっぱいです

今後とも、どうぞよろしくおねがいいたします◯
[PR]


シボネボルケもおかげさまで5周年をむかえることができそうです
記念と感謝のきもちを、こんな会にしてみました

a0159055_9282620.jpg


お米とお塩
あらゆる意味での原点であり、わたしたちの心や体とふかくつながっているもの。
そこからはじまる、おもてなしです。
山形県でつくられている、一般にはめったに売られていない、たいへん希少な在来種の香り米を、川越産の丁寧にそだてられているお米に混ぜた、なかなか出会えない、おいしいごはんを炊きます!
厳選したパワフルな各地のおいしいお塩で、聞き塩しながらお楽しみください。

地産の採れたて野菜のせいろ蒸しや、自家製のごはんのお供、お米や麹、甘酒をつかったデザートもご一緒に。
ごはんをメインにした、ユニークなアフターヌーンティータイムです。
シボネボルケでも販売中の、塩をテーマにしたmixCDをつくってくれた、音楽家のスッパマイクロパンチョップさんも、音楽でおもてなししてくださいます◎


どんぐりメイト限定の会ですが、当日でもいつでも、どんぐりメイトになれます。(メイトは、なりたい、とおっしゃればだれでもなれる、会費も特典も無い、会員ナンバーつきカードがもらえるだけの、気楽なものです〜)

参加費 3000円
13時〜 
予約制 shiboneboruke@gmail.com





2月28日からは、中村紋子さんの写真展と写真館がはじまります

林での記念撮影も、ご予約でうけたまわっております。丁寧に額装してのお渡しとなります。
シボネボルケのおやつとお茶(珈琲)つき。 16000円
(15日以外もご相談にのります)

シボネボルケも、みなさまの時間の記憶を、うつくしくのこすことのできるお手伝いができたらとおもいます

a0159055_9491562.jpg


a0159055_9495017.jpg

[PR]
a0159055_17502729.jpg


a0159055_17504853.jpg


a0159055_15582354.jpg


a0159055_15592136.jpg


a0159055_1602838.jpg


a0159055_15415648.jpg

[PR]


ことしのクリスマスケ−キの、ご予約受け付けがはじまりました◎

『メリーどんぐりすます』

無肥料無農薬のりんごと、ドライフルーツやナッツを洋酒で漬け込んだ、自家製ミンスミートをたっぷり焼き込んだ、どんぐり粉と甘酒入の、シボネボルケならではの特製フルーツケーキです
卵、乳製品不使用です

原材料/地粉・きび砂糖・なたね油・豆乳・甘酒・岩塩・アルミニウムフリーベーキングパウダー・りんご・ドライフルーツ・ナッツ(ピーナッツ不使用)・粉糖
*お日持ちは常温(涼しいところ)または冷蔵庫野菜室(匂いのうつらないよう密閉して保存ください)で、約一週間ほどおいしくお召し上がり頂けます

岩手の越喜来(おきらい)の女性が、土地に放牧している羊の毛を刈り取るところから一点一点、手作りの、ひつじちゃんマットつき。
ひとつひとつ異なる表情の愛らしいこと。。。ティーポットや、マグカップのお飲み物をあたたかく守ってくれる、かわいらしいマットです
来年の干支でもある羊、贈り物にもぴったりです

3500円

15台限定

お受け渡し取り日
23日(正午〜17時)または、24日(9時半〜11時)

遠方の方には、クール便での発送も承ります
送料のみ、着払いとさせていただきます(地方により送料は異なります)
お品物が無事お届けできたことをご確認の上、銀行振込での後払いにて、お支払い頂戴いたします
その際、振込手数料はお客さまご負担となりますのでよろしくお願いいたします


御予約制 
shiboneboruke@gmail.com 
上記メールアドレスまで、件名を、『クリスマスケーキ』として、お名前、〒番号とご住所(遠方の方で発送希望の方)、お電話番号、希望お受け渡し日 をお書き添えの上、送信くださいませ
*店頭でのご予約も承ります



a0159055_749018.jpg




a0159055_7494630.jpg
a0159055_7505846.jpg

[PR]

a0159055_8225474.jpg
a0159055_8231417.jpg

[PR]
11月。ことしもなんと、もうあと2ヶ月、はやいこと、はやいこと。

イチョウの木も色づきはじめ、林もみるみるうちに秋の色彩へと、彩られてゆきます
実りのくつろぎのなかに、そっと丸くなっていられる、そんな季節
お茶もコーヒーも、いちだん、おいしく感じられます


今月のイベント。。。

MELODY KOGA 演奏会
「おやつにしましょう Juliet 」
〜どんぐり林のティータイム〜

4つのコードで弾き語る、黒い帽子の音楽家MELODY KOGAさん
今回は、アルバム「Juliet」と「おかしなお菓子のうた」から、足ぶみオルガンとバイオリンの音色とともにうたいます。

不思議の林のおやつの時間。

〈日時〉
2014.11.22(土)
開場 14:30 / 開演 15:00
〈出演〉
MELODY KOGA
〜Special Guest : コノミ美希

〈料金〉
2850yen
-シボネボルケのどんぐりおやつ6種盛り合わせとお茶つき-
*予約制

ご予約は shiboneboruke@gmail.com
または melody.koga@gmail.com にて承ります。
(お席に限りがございます。お早めのご予約をおすすめいたします。)


11月の季節のお飲み物には、Julietをイメージしたお飲み物、あたたかくてとろりとスパイシーな葡萄ジュースもご用意しております。オリジナルJulietコースターつき!


「花部」
季節のお花や野花をたっぷりつかった、ほのぼのフラワーアレンジメント
今月は、すこし早めのクリスマスリースを作ります

日時〜
11月18日(火)

講師〜
鵜飼亜希子

持ち物〜
花ばさみ、お持ち帰り用のまちつき紙袋など

参加費〜
3800yen(予約制)



「みやもとおちゃ 」その2〜生演奏の火曜日

日時〜
11月25日(火)14時くらいから

ミュージシャンのmiyamoさんが、昼下がり、ウクレレやギタレレなどで弾き語ります
秋の、お茶のひと時を、のんびりほっこり
ちょっと贅沢なひと時を。

ノーチャージです(お気持ち投げ銭箱あり)
*カフェではお一人様一品、ご注文くださいませ



今月の臨時定休日のお知らせ
11/3(月)、11/15(土)

ボタニカル丼のランチは、日、月曜のご用意となります
土、火曜は、トースト類とスープのセットのご用意ございます(時々、ケイクサレなどの軽食もございます)


今月も、よき時間の場となれれば、さいわいです
みなさまのお越しを、こころよりお待ち申し上げます
[PR]
10月になりました
今年の紅葉も、黄色からはじまりかけています
朝夕、木立をなでるひんやりとした風が、こころを穏やかに満たしてくれるような季節です


今月は、来月11月のイベントのお知らせからまいりましょう

MELODY KOGA 演奏会
「おやつにしましょう Juliet 」
〜どんぐり林のティータイム〜

4つのコードで弾き語る、黒い帽子の音楽家MELODY KOGAさん
今回は、アルバム「Juliet」と「おかしなお菓子のうた」から、足ぶみオルガンとバイオリンの音色とともにうたいます。

不思議の林のおやつの時間。


〈日時〉

2014.11.22(土)

開場 14:30 / 開演 15:00


〈出演〉

MELODY KOGA

Special Guest : コノミ美希

〈料金〉

2850yen
-シボネボルケのどんぐりおやつ6種盛り合わせとお茶つき-


*予約制

ご予約は shiboneboruke@gmail.com
または melody.koga@gmail.com にて承ります。
(お席に限りがございます。お早めのご予約をおすすめいたします。)



10月は、Julietをイメージしたお飲み物、あたたかくてとろりとスパイシーな葡萄ジュースをご用意しております。オリジナルJulietコースターつきです


そして、10月からお店で、ふたつの「塩ボネボルケ」なるものがお目見えします

ひとつの「塩ボネボルケ」は、シボネボルケ特製ミックススパイスソルトです
ぱらりひとふり、ふたふりするだけで、不思議なおいしさのとりこになってしまいます
30g入り/360yen

もうひとつの「塩ボネボルケ」、こちらはレコード水越さんに依頼した、塩的音楽。DJミックスCDです。約60分にわたる壮大な、ささやかな、塩的音楽にゆだねられているうちに、ふしぎとなんだかお料理がしたくなってくる。。お声がけくだされば、視聴もして頂けます
1500yen
どちらの塩も、まさに手塩にかけた、おとっときの品ものです


そして、今月は、鵜飼亜希子さんが顧問のセンセイの、「花部」もあります


「花部」
季節のお花や野花をたっぷりつかった、ほのぼの、フラワーアレンジメントの会です
お店が、お花やさんのようになるのです

日時
10/14(火)
13時〜(一時間程)

講師
鵜飼亜希子

持ち物
花ばさみ、お持ち帰り用のまちつき紙袋など

参加費
3800yen


今月はいつもどおり、土日月火に開いています
ボタニカル丼のご用意は、日月曜日です
土火曜は、トーストやおやつをお楽しみいただけます

どうぞ、のんびり、秋の林でくつろぎにいらしてくださいませ
心より、お待ち申し上げます
[PR]

9月になりました

残暑とはいえ、冷える日もつづき
ふわっと季節がわからなくなることもある、シボネボルケ店主です
とはいえ、見上げる空模様と風にのってくる空気のにおいは、(さんまの匂いもあいまって)
実りの季節到来のちかい事を、告げているようです

みなさまいかがお過ごしでしょう

9月は、シボネボルケもふたつの催しをご用意しています
前回ブログにて、詳細がありますので、ぜひご覧下さい
イベントというと、気構えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、シボネボルケのイベントって、なんだかいつも、親戚のあつまりのような、懐かしさを感じる事が多いです
きっと、たまたまその場に集まった人々は、ある意味においては、親戚のようなものなのかもしれません。。
イヤだといっても、そうなのですよ。。

と、脅す。

シボネボルケの催しや、ワークショップは、すこし風変わりなものが多いみたいです
みたいです、というのは、店主はそうおもっていないのです

とっても、あたりまえ!
なのです

「真夏の昼下がり、常温で瓜を食す会」、先月開催しました
果物は、常温で食すと、とてもあまやかで、果物本来のもつ野性味と、奥深いやさしさと滋養が、心と体に、じわじわ、と、つたわってきます
アーユルヴェーダの教えにおいては、夕方に頂く常温の果物は、ひとのこころに幸福感を、体に活力を与えてくれるとも言われています
木の実と果物、豆乳でつくる、常温スムージーの伝授(?)も。。。
ささやかなことを、お伝えしたい会でした

ささやかなことを伝えて、ささやかな、唯一無二の、無駄っぽいけどかけがえのない時間をすごすよろこびは、生きているってうれしいなーと、感じる日々の営みそのものなのではないかなあとおもうわけですね
「常温で食す会」は、秋にも秋の果物で開催する予定です
ぜひ、あそびにいらしてくださいませ〜


9月の定休、営業時間のお知らせです

6(土)
終日イベントのため、通常営業はございません

13(土)
通常営業は12時〜14時までです。それ以降は、イベントのため通常営業は閉店となります

臨時休業
9(火)
20(土)〜23(月)出張のためお休みです


ボタニカル丼(お野菜たっぷりのオリジナルベジタリアン丼)のお昼ごはんは、日、月のみのご用意となります
土、火は、自家製酵母の地粉パンのトースト各種に、本日のスープのつく、パンとスープのセットが、ございます。軽めのお昼にぴったりです
日月は、混雑することもございますが、土火は、とてもしずかな、ゆったりとしたお時間をお過ごし頂ける事が多いです
日月は、食堂
土火は、喫茶店
といった雰囲気です

どちらのシボネボルケも、それぞれに、みなさまによろこんでいただければ、なによりです

今月もみなさまのお越しをこころより、お待ち申し上げます
[PR]