白酒、桃の花

三月になろうとしています
季節の巡りを、いちばん初々しい気持ちで感じられる月かもしれませんね


初々しさ
いつまでも大切にしたいなあと、おもう永遠乙女です
私は忘れっぽいので、ある意味いつも初々しいかも。と、妙に前向き。

今月の6日、啓蟄のころ、お陰さまで七周年を迎えます

いつも皆様に、さわやかなときめきを感じていただけるお店でありたい。。
その心で、今月も、これからも、営んでまいりたいとおもいます

ささやかながら七年の感謝の気持を、音楽にのせて、かたちにしました◯

ごはん・おやつ・お飲み物と、フルコースで召し上がって頂いた「どんぐりメイト」(常連さん)のお客さまに、先着で、小さなmix CDをプレゼントさせていただきます
今回、「そよ風みたいなときめき」をテーマに、レコード水越さんに制作してもらいました
いろいろなときめきの詰まった、小さな音楽の贈り物、皆様の春に、やさしく寄り添うものとなりますよう。
どうぞ、お受け取り下さいませ
(数量限定となります・ご家族でお越しのお客さまへは一枚とさせていただきます旨ご了承ください)

こちらのCDのロングバージョンを、七周年記念CDとして、10枚限定で店内で販売もいたします
ぜひお求め下さい〜

レコード水越→





◯今月の営業日

3/5(日)・6(月)
11(土)御予約制ライブイベント
12(日)・13(月)
19(日)
20(月・祝)11時〜15時まで短縮営業/18時〜「映画部」で開店(ご予約不要)
26(日)・27(月)


◯今月の催し事

3月11日(土) 
『おやつとボサノバ』 15時open

a0159055_19344775.jpg


シボネボルケへも、何度もライブをしに来てくださっている、筒井タケオさん
軽やかな歌声とギターの音色に、春の訪れを感じます
シボネボルケのとくべつなおやつ二皿と共に、すこしだけ優雅なひとときは如何でしょう

おやつの内容/ミニジャムトースト、スコーン、葛プリン、季節のケイク、米粉ロールケーキまたは豆乳チーズケーキ(内容に多少の変更あり)

人数限定ご予約制 
shiboneboruke@gmail.com
0492473777



3月20日(月・祝)
『映画部〜不思議惑星キン・ザ・ザ』 18時open

a0159055_19384922.jpg

a0159055_19391912.jpg


藤井部長ひきいる「映画部」の第二回上映作品は、「不思議惑星キン・ザ・ザ」
今回は、店内での上映となります
ご予約無しで、当日でもお気軽に入場いただけます
ご来場の際は、店内にて1オーダー頂戴致します
映画をイメージした、軽食、お飲み物をご用意する予定です



今月も皆様のお越しを、心よりお待ち申し上げます
[PR]
冬は、みかんの季節

はじめにやってきたのは、無肥料無農薬栽培の屋久島ぽんかん
島に暮らす音楽家が、はるばる送ってくれた
ぽんかんは、おなじ特産物のたんかんよりも、地元のひとからは人気がないらしい
味が薄いからおいしくない。というのだ
たしかに、そこはかとなさというか、存在感のうすさというか、いることをふと忘れるというか

見た目はほとんど同じなのに、みなぎるような存在感のたんかんと比べると、にこにこしているけれど大人しいおじょうさんという感じがする
でも、日々生きてゆく暮らしのなかに、つかずはなれず寄り添う、うつくしい果物だなあとおもう

今年のぽんかんは、台風にあわずにすんだので、例年よりもずっと肌がきれいなのだそうだ
そんな貴重な皮をつかって、マーマレードを煮ようと試みたら、まさかの大失敗
クエン酸とまちがえて、洗剤をいれてしまったのだ
そんな間違い、初めてのことだった
みるも無惨な、地獄の三丁目色になってしまい、鬼のような匂いがたちこめ、決して食べられない

すんでのところで無傷だった実だけを、ジャムにすることにした

せっかく、台風にあわずにすんだけど、人生(みかん生?)ってさいごまでなにがおこるかわからないよね。。
と、おもったかおもわないか

そのまま実を煮ていたら、なんだか泣けてくる
皮を、包丁で刻まずに、フードプロセッサーにかけたのだ
なぜ、そんな乱暴なことをしたのだろう
それはきっと、クエン酸と洗剤の間違いにつながってる


ぽんかんに、甘えた
ぽんかんが、あんまり大人しくてあたたかな感じなので、つい甘えたかもしれない
そしてぽんかんを、甘くみた
甘いけど、甘くないのに

みかんは、ひとの手にすうっとおさまる形と大きさをしている
小さなみかんは片手に、おおきなみかんは、両手にもっても重すぎることなく、かたすぎも柔らかすぎもせず、うれしい。みずみずしく、老若男女の手におさまるあのどこまでも明るい色。肺を満たす香り。
そうして、掌におさめていると、心が晴れてあたたかく、元気なしあわせに包まれてゆく

ちいさなお日様のような
煮ていると、それがぎゅっとなって、こちらに伝わってくるみたいだ


「生まれつき」と、ふとおもう

ぽんかんの生まれつきの明るさ、あたたかさ、素直さ、あまりにも本物の。

そいういう、本物の生まれつきに触れると、心はアッとおもって、うごく
人間もそうだろか。こんなに本物の生まれつき。あるだろうか。あるだろう。
人間のそれは、生きてゆくうちに隠れがちだけれど

そういう生まれつきを、こわさないように、大切に、お料理をする
それしかできないのに、
あまりにも無垢なものにふれると、じぶんのなかの毒がでてきてしまうことがある

おそろしい毒だった

実のジャムは、そこはかとなく、存在感うすく、にこにこしている大人しくてかわいいお嬢さんというかんじの味がした
でも、ぽんかんはつよい
もしかしたら、たんかんよりもずっと。
それを屋久島の地元のひとは、ほんとうは知っているのかもしれない、な。
と、ちょっとおもったりして。
[PR]
二月の開店日はこちらです

通常営業/11時半open〜16時半close

5(日) お昼ごはんとおやつ
6(月) お昼ごはんとおやつ
7(火) おやつとトースト   /12時半open
11(土) ご予約制お昼ごはん
12(日) お昼ごはんとおやつ
13(月) お昼ごはんとおやつ
17日(金) ライブイベント「人魚と馬頭琴』  /18時open(ご予約なしでお入りいただけます)
19(日) お昼ごはんとおやつ
20(月)お昼ごはんとおやつ

*26(日)、27(月)は、お店のメンテナンス工事のためお休みとなります


◎11日(土・祝) 
12時open〜15時close
『季節のお昼ごはん』

6名様までの御予約制
3000円のおまかせコースとなります

お料理にお肉、お魚、卵は使用しておりません
(乳製品はバターのみ、多少使う事がございます。その他含めアレルギーのある方はお申し付け下さいませ)

前菜、温かいお野菜、メインのお料理、地粉の天然酵母パン、デザート

*食前、食後のお飲み物は別途ご注文いただけます
*小さなお子さま用お料理のご用意はございません旨、ご了承くださいませ

季節の地産野菜を豊富に盛り込んだ、お野菜だけでも心もお腹も満たされる、シボネボルケの
すこし不思議な、作りたてのコース料理
お豆腐マヨネーズやソイホイップクリーム、ガムシロップ、調合スパイス‥‥調味料もお店の手作りです
ぜひ、ゆっくり流れる林のお時間と共に、心安くご賞味くださいませ


*ご予約は、2月6日(月)までにお願致します
ご予約メール shiboneboruke@gmail.com
営業日には、店頭またはお電話でも受け付けます 0492473777



◎17日(金) 18時open
ライブ 『人魚と馬頭琴』

a0159055_18334249.jpg


三時間だけ開く、薬草香草系酒バー「人魚」に、馬頭琴の音色が流れます
いつもは、おやつとお酒の「人魚」ですが、この日は特別に、根菜のデミグラスシチューとパンもご用意してお待ち申し上げます(数に限りがございます)
もちろん、おやつもお愉しみいただけます◯
こちらのライブは、ご予約なしでお入りいただけますが、お席のご予約していただくこともできます

ご予約、お問い合わせはこちらまで
shiboneboruke@gmail.com 



冷え込む二月は、ついお家にこもりがちですが、ときどき思いきって足をどこかへ運んでみると、小さな春の気配を、ほんのりと感じて心ひろがることもあります

今月も林で、みなさまのお越しを心よりお待ち申し上げます
[PR]
二月は、豆まいてチョコレート

立春をむかえ、本格的にあたらしい年がうごき始める気分です

バレンタインデーもあり、寒い寒い季節でもあるこの月は、愛情深い季節でもあるような気がします

じつはこの寒くて乾燥した季節は、お菓子をつくるのが、はかどる季節なのです
ぼんやりと愛について思いふけりながら、シボネボルケは皆様に、焼き菓子の贈り物をお作りします

農家さんの農産物への愛、大地からの愛、お菓子の作り手の愛、お菓子を作ることのできる場所からの愛、お菓子をお求め頂いた方の愛、お菓子を受け取った方の愛。。。。
つながってゆく、やわらかなあたたかい愛は、ふわふわあちこちに広がってゆき、心あたたまります

地産の食材をつかった、卵乳製品をつかっていないタイプのやさしい味わいです
夢のある焼き菓子の詰め合わせは、心踊り、ホッとするものですね。。
おふたりで仲良く召し上がってもいただけるよう、おなじ物を偶数ずつお入れしております

バレンタインデーの贈り物にもすてきですし、大切な方への贈り物や、ご自分へのご褒美にもぜひお求め頂ければとおもいます

10箱限定の御予約制となります
営業日(日月、イベント日)の、2月21日までの受け渡しとなります
地方発送の場合は、送料のみ着払い、お品物代は到着後お振込いただくかたちとなります

ご予約お問い合わせは、こちらまでどうぞ〜
 shiboneboruke@gmail.com
☎0492473777


a0159055_9343197.jpg

[PR]
謹賀新年
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます◯

マイペースではございますが、今年も変わらずみなさまに、心からのくつろぎと広がる楽しさのひと時をお過ごしいただけるお店を目指してまいります

新年は、1月9日(月・祝)11時〜開店いたします(16時半まで)



◯1月の営業日

9(月・祝)
15(日)16(月)22(日)23(月)29(日)30(月)

営業時間は11時〜16時半(15時半お食事、16時お飲み物とおやつラストオーダー)

その他、喫茶のみにて、にわか開店していることがあります
twitter、または、お電話にてご確認ください

◯今月のバー人魚
7日(土)6時〜9時

*『バー人魚』は、薬草香草家酒をお出しする三時間だけひらく幻バーです。
おやつのご用意がございます。
チャージ(お通し代)500円頂戴しております。お車でお越しのお客さまへはお酒は出しかねます(ノンアルコールドリンクのご用意ございます)


◯2月のライブのお知らせ
『人魚と馬頭琴』
a0159055_9203811.jpg


高知在住のホーミー、馬頭琴奏者の岡林立哉さんが、バー人魚の時間に、ライブをしにやってきます!
かるいお食事などのご用意もございます
ご予約不要(お席のご予約はして頂けます。当日入店された方は、立ち見となることもございます旨、ご了承くださいませ)

岡林立哉
名古屋市出身、高知県在住。日本で数少ないホーミー、馬頭琴の奏者。1998年初めてモンゴルを訪れホーミーの音色に魅せられる。以後、繰り返しモンゴルを訪れホーミー・馬頭琴を習得。2002年からの2年半に及ぶヨーロッパ各国、南北米大陸での演奏の旅を経て2004年に帰国。以後、全国各地で毎年100ステージ以上のライブを行っている。マイク無しで聴くホーミーの響きは、聴く人に驚きと感動をもたらします。

チャージ/2,000円+1オーダー


お問い合わせ、ご予約については、メールまたは、営業日にはお電話でも承っております
shiboneboruke@gmail.com
☎0492473777
[PR]